自宅にプリンターを置くメリットとその実体験

マルチに活躍するプリンター

多機能なプリンター

現在の自宅用のプリンターは実に多機能です。
印刷はもちろんのこと、コピーやスキャナー、FAXなど搭載されており、一台で何役も果たしてくれます。
業務用との違いは印刷スピードだけだと言っても過言ではありません。
何年も使っていても、未だ使ったことのない機能もたくさんあります。
内蔵されている年賀状ソフトを覗いてみましたが、プリンターの中に様々な種類の年賀状のデザインが用意されていて驚きました。
プリンターで作成し、プリンターで印刷する。
一歩も外に出ず、とてもお手軽に年賀状ができるというわけです。
特に使う機能としては、コピー、印刷、スキャンの三つでしょうか。
この三つさえあれば、たいていのものには対応できます。
いろいろな場面で使えるので、家に一台あるだけで非常に便利です。

自宅用プリンターをこのように使いました

私の経験では、大学のレポート、就職活動、転職活動、年賀状の作成で自宅のプリンターは大活躍しました。

ギリギリで仕上がったプレゼンテーション用の資料を、大学でコピーしている時間がないとき、人数分自宅でコピーしました。
年賀状をスマートフォンで作成したときも、すぐに印刷して送ることができました。
一番活用したのは、就職活動と転職活動です。
履歴書は手書きが好まれますので、一枚は手書きで書き、それをプリンターでスキャンをし、二枚目からはそのスキャンしたものを見ながら書きました。
名前や住所、学歴や職歴は同じなので、スキャンしたものを見ながら書けば、間違いも少なく楽でした。
職務経歴書はパソコンで作成し、作成日のみ変えて印刷していました。